妊婦さん必須の栄養素

①葉酸

葉酸は細胞分裂が盛んな妊娠初期に必須の栄養素で、胎児の成長を促し奇形リスク低減というはたらきがあります。
子宮内膜を強化したり着床率をアップさせる効果から妊活女性にもおすすめの栄養素です。
さらには貧血防止や母乳の出をよくする効果も期待できることから、妊娠期全期さらには出産後の授乳期まで、摂取を習慣化させておきたい栄養素です。
葉酸を多く含む食品には、枝豆、大豆、小松菜、ほうれん草、ブロッコリー、モロヘイヤ、アスパラガス、キウイ、イチゴなどがあります。
しかし葉酸は熱に弱いため、最近では薬局で買える葉酸サプリメントも増えてきています。

②鉄分

鉄分は妊婦の貧血対策に役立ちます。
妊娠中は胎盤から赤ちゃんに大量の血液を送り込むことから、母体は貧血になりやすいのです。
また出産時の出血などもふまえて、妊娠後期まで鉄分をしっかり摂取し続けることが大切になります。
鉄分が多い代表的な食品としては、小松菜、ほうれん草、切り干し大根、ひじきやワカメなど海藻類、ホタテやあさりなど貝類などが挙げられます。

③カルシウム

カルシウムは丈夫な骨や歯を形成するのに欠かせない栄養素です。
特に妊娠中はお腹の赤ちゃんの成長に多く消費されるので、お母さんがカルシウム不足になりがちです。
骨粗しょう症予防のためにも、ぜひ積極的にカルシウムを摂取しましょう。
カルシウムの多い食べ物としてはヨーグルトなど乳製品が知られています。またわかさぎやししゃもなど骨ごと食べられる小魚類や、桜エビ、大豆製品にもカルシウムが多く含まれています。

④タンパク質

タンパク質は赤ちゃんの成長過程において、脳や皮膚、髪の毛や筋肉といった体の重要な要素を形成する主成分です。
赤ちゃんの正常な発育のために、良質なタンパク質を積極的に摂取することが望まれます。
アミノ酸バランスの良いタンパク質として挙げられるのが、卵、いわしやさんまなど魚類、肉類、チーズや牛乳など乳製品です。
上記のような動物性のタンパク質だけでなく、納豆や豆腐など大豆製品をはじめとする植物性タンパク質もバランスよく摂取することが大切になります。

食生活での注意点

ビタミンAの過剰摂取

ビタミンAは胎児の成長において重要な栄養素であり、摂取不足による奇形リスクが懸念されます。
ただしビタミンAの過剰摂取は逆に水頭症など奇形リスクを高める可能性もあるため要注意です。

栄養バランスに気を配る

妊娠中は糖分や油分はほどほどに抑え、栄養バランスの取れた食事を心がけましょう。
また体重が増えすぎると母子ともに負担がかかってしまうので、食べ過ぎに注意して体重管理を怠らないようにしましょう。

カフェインや刺激物は控える

妊娠中はアルコール厳禁ということはよく知られています。
カフェインや刺激物も胎児の成長に悪影響を及ぼすことがあるため、妊婦や授乳婦はできるだけ避けましょう。